パーカッショニスト、畑中久美子とピアニスト福士美和子のユニット。二人の名前の頭文字をとって、みわく、なんともいい加減なネーミング。偶然とはいえ、みわく「魅惑」とはなんとラッキーな名前。さて、パーカッショニストの久美子さん。いろんな楽器を器用にこなすけれど、若い頃はジャズボーカリストもやっていて、歌もなかなかナイス。他に、篠笛の名手でもある。最近は鍵盤ハーモニカにハマっている。ピアニストの美和子は、クラシック出身。これまで海外でオーケストラ相手にバリバリピアノを弾いていたのに、最近はジャズやjpopにと、勝手にアレンジして楽しんでる。みわくのユニットは、ナンチャッテジャズを中心に、民謡、童謡、jpopにと、いろんなジャンルに挑戦中。

みわくのユニット